マンション管理組合保険を見直してみませんか?

マンション共用部の火災保険については、節減方法がいくつかあります。

【節減方法の事例】

1.
火災保険金額に約定付保割合特約をつける
マンションの場合、全損(全焼・全損)になるリスクが少ないため、建物共用部分の新価に対し、
10%~100%の保険金額を設定し、保険金額を限度に実損額を補償する特約。
例えば50%までの損害は実損てん補を約定することで、保険料が節減できます。
尚、全損(全焼・全損)の場合は、保険金額にかかわらず新価(100%)をお支払いします。
2.
補償内容の見直し(不要な補償を外す)
臨時費用保険金不担保や高台立地のマンションでの水害保険金を不担保にすることができます。
3.
長期一括契約への切替
5年一括契約にすると1年分の4.3倍 - 14%の節減
4.
複数の保険会社による比較見積
保険会社別に保険料に差が出る場合があります。
補償内容を同一にして複数の保険会社より比較見積を取る。

上記1~4の全部、または一部組合せによる対策で保険料の見直しができます。

 

マンション管理会社を比較検討してみませんか?

1.
管理会社のサポート力、サービス力は個々に違いがあります。
より質が高く、よりリーズナブルな費用での管理会社をご紹介いたします。
2.
管理会社による無料簡易診断が利用できます。
簡易診断の結果、管理費のチェック&カットを提案いたします。
3.
コスト節減最重視の管理会社選びをお手伝いいたします。
提携優良管理会社が複数ございますので、比較見積りが可能です。